心豊かに過ごせる時間

日常のこと、感じたこと、健康のことなどを書いています。

日記を書くことで自分が変わる!

 

いちごです(*^^*)

 

皆さんは、「日記」をつけていらっしゃいますか?

私は、まだ一度も日記をつけたことがありません

が、ある時、友人と話していた時に、「日記をつけ

ているから、忘れても見れば思いだす。」と言って

いたことがありました。一度、見せてもらったこと

がありますが、丁寧な字で、その日の出来事が書い

てありました。友人はもう何年も日記を書き続けて

います。

年の暮れには、「来年の日記を買わないと...」

その言葉がきまって出てきます。

 

f:id:malmaltan:20210205163753j:image

 

本日は、「日記」を書くことからどんな効果がある

のか気になったので、調べてみました。その中でも

3つに絞ってお伝えします。

 

 

文章力・語彙力の向上

日記を書くには、語彙力やボキャブラリーが必要に

なってきます。日々の日記を見返す中で、「もっと

たくさんの語彙を知りたい」という欲求が生まれま

す。こうした欲求を持つことで、自然と知識が向上

していくそうです。

 

私自身、語彙力や、ボキャブラリーも、身につけて

いきたいところです。

 

 

自分の気持ちと向き合える

毎日書くことによって、自分の気持ちと向き合える

ことができます。また、自分の感情のパターンを把

握できるようになります。起こったことに対して、

モヤモヤと鬱憤をためるのではなく、それを書き出

して、さらに感情の度合いも記すことで、客観視で

きるようになります。

日記を続ければ考え方を整理することが徐々に得意

になってくるため、自分が思っていることを言葉に

出して伝える訓練にもなります。

 

精神安定・安眠

その日に起こった出来事を日記に記すことで、状況

を整理することができ、興奮状態にあった精神状況

を落ち着かせることができます。気持ちを整理する

ことができれば、精神的にも安定し、良い眠りにつ

くことができます。

 

最後に...

 日記をつけることで、客観的に自分を分析すること

ができますね。また、自分の感情と向き合い気持ち

を整理していく。そうすることで、どうしていくと

良いのか見えてくるのではないかと思います。

私は日記をつける習慣はありませんが、ブログを見

返すと過去の出来事や自分が見えてくるので、ブロ

グが日記代わりになっているようにも思います。

日々の出来事を書いている時、とくにそう感じま

す。その日の出来事を文字に表すだけで、内観し、

たくさんのことに気づけるのですね...

自分の気持ちに向き合い、「今」の感情を自分で感

じることは、とても大切なように思います。どんな

感情であっても「自分はこう感じているんだ。」

「こういう気持ちだったんだ。」と、自分の気持ち

を正直に受け止めて、自分に優しく言葉をかけてあ

げる。自分のことを大事にできるのは、一番近くに

いる自分自身ですから...

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。