心豊かに過ごせる時間

日常の出来事・「心と身体」に関することを書いています。

血糖値の上昇を抑える食べ方

 

いちごです。(*^^*)

 

 

皆さん、食事をされる時は何から食べられますか?

糖質制限されている方や、ダイエットをされている

方は、実践されている方が多いのではないかと思い

ます。

血糖値の上昇を抑える為、食べる順番があるので

ご紹介します。

 


f:id:malmaltan:20210224232751j:image

 

 

食べ方の順番

①野菜から食べる。

②野菜のあとは好きなおかずを食べる。

③最後に主食のごはんを食べる。

野菜に含まれる食物繊維が、糖質・脂質・コレステ

ロールの消化吸収を遅らせることができ、主食から

食べるより、血糖値の上昇を抑えられます。

 

血糖値が急上昇すると、肥満のもとにもなりますの

で、まずはサラダから食べることが望ましいようで

すよ。

野菜の次は、糖質を含まないものであれば好きな物

を好きなたけ食べても大丈夫。

できれば、肉や魚などのたんぱく質を摂りましょ

う!

 

この順番にすると、最後のごはんを食べる時には、

ある程度お腹が満たされるので、最後のごはんを

ガツガツ食べることもなくなりそうですね。

 

注意すること!

イモ類のおかずです。サツマイモやジャガイモは、

糖質を多く含むので、主食と同じように最後に食べ

るほうが望ましいようです。

 

血糖値が急上昇すると...

食後に血糖値が急上昇するのが「血糖値スパイク」

と言われるそうです。脳卒中心筋梗塞、がんなど

にかかる危険が高くなるので早めの対策が大切で

す。

 

血糖値スパイクとは?

血糖値スパイクとは、食事の後に血糖値が急激に上

がること。

 

健康な人は、食事をしてもあまり血糖値が上がらな

いようです。ところが空腹時の血糖値は110mg/dL以

下と正常なのに、食後1時間たったころ、血糖値が急

上昇して140mg/dLを大きく超える人がいるそうで

す。こういった現象を血糖値スパイクと呼んでいる

そうです。これまでも「食後高血糖」と呼ばれてい

て、糖尿病の一歩手前の段階に見られる状態の1つと

見なされてきたようです。


空腹時の血糖値が正常な場合、職場の定期健診など

では異常とされないようです。「自覚症状が全くな

いので、長い間気づかないことがあるようです。

 

食事のたびに血管が高い血糖値にさらされ続ける

と、心筋梗塞脳卒中、がんなどの重大な病気にな

るリスクが高まるので普段から気にかけておきたい

ですね。

 

最後に...

血液は、新たに作られては壊れるという、新陳代謝

を繰り返して常に新鮮な状態をキープしているよう

です。血液は、約21日、3週間程度で徐々に入れ替わ

っていくそうなので、血液の質を変えるためにも、

まずは食事に気をつけることが必要なのでは?と

思います。そして、血管力を高めておきたいと思い

ました。

重大な病気を予防するためにも、普段から食べ方を

気をつけることと、毎日の積み重ねが大切ですね...

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。