心豊かに過ごせる時間

日常の出来事・「心と身体」に関することを書いています。

ポジティブに変換し、脳内ドーパミンUPしよう!

 

 

いちごです。(*^^*)

 

 

とくに理由はないけれど、なんとなく「やる気が出

ないなぁ。」と思われる時がありませんか?

この「やる気」というのは、脳内に分泌される

ドーパミン」という神経伝達物質からもたらされ

ています。

また、脳内にドーパミンが分泌されると、

「やる気up!」につながります。

本日は、ドーパミンが分泌されて前向きになれる方

法などを、お伝えしたいと思います。


f:id:malmaltan:20210225184819j:image

 

 

 

今の自分の気持ちを受け止めつつ、それを前向き

な方へ言い換えることで、ドーパミン分泌を促しま

す。

前向きになれるポジティブな言い換え

 

 ・何度もやらないといけない → 何度もチャレン 

  ジできる!

 ・無理かもしれない → できたらすごい!

 ・難しそう → 意外とできるかも!

 

 

「やらなくてはいけない」と考えると、気が重たく

なりますよね。義務感が生じて面倒になったりしま

せんか? 

いつまでも面倒に思っていても、自分が変わらなけ

れば、現状は変わっていかないですよね。

 

「~しよう!」とポジティブに変換すると、

脳内にドーパミンが分泌されてやる気も

アップするようですよ。思考を変えるだけで、前向

きに行動できるように、自分自身が変わることがで

きるのですね。

 

ドーパミンは行動することによって分泌されるよう

ですよ。寝転がっているときや、座ってテレビを見

ている時など、活動していない時はドーパミンが分

泌されないようです。やる気を出したいと思った

ら、まず動くことが肝心だそうですよ。

 

ときには、考える前にやってみよう!

考えすぎて、何も行動に移せないことはありません

か? 「うまくできるかなぁ?」「怒られないかな

ぁ?」「続けられるかなぁ?」

また、正しいやり方にこだわりすぎて実行するのを

後回しになったりする時もあるかもしれません。

考えで頭がいっぱいになるよりも、


f:id:malmaltan:20210225091746j:image

 

すぐにとりかかれば迷ったり悩んだりせずに済む

ので、考える前にやってみることも必要だと思いま

す。そのほうがストレスを抱えなくてすみますね。

自分の直感に従うほうが正解のこともありますし、

最初の1歩が必要に感じます。

 

音楽の効果

2009年、カナダ・マギル大学の研究チームは、

「音楽はドーパミンを分泌させる効果がある」

という内容の論文を発表したそうです。

好きな音楽を聴いてワクワクしているときは、身体

活動が活発化し、脳内からドーパミンが分泌される

ことが判明したそうです。

私は、料理をしている時は、自分の好きな音楽を流

しています。ごはんの支度もはかどります。

気分も良いですし(*^^*)


f:id:malmaltan:20210225181021j:image

 

また、食生活もドーパミンの分泌に関係があるよう

です。

 

 

食生活の改善がドーパミンの分泌につながる

ドーパミンとタンパク質は関係しているようです。

タンパク質が豊富な食べ物をしっかり摂取すると、

肉体的、精神的な疲れを軽減することができるよう

です。

 

そして、大豆はチロシンを多く含んでおり、「ブレ

イン・フード」と呼ばれるほど脳を活性化させる効

果があるようです。

 

 

「ブレイン・フード」とは?

脳の働きを活性化させる食べ物を「ブレインフー

ド」といいます。

  

脳の疲労を回復させる食品

ビタミンB12は脳の疲労を回復させる効果があるよう

です。


f:id:malmaltan:20210225184652j:image

「身体が疲れているなぁ」と感じた時には、ビタミンB12の食品を摂ってみませんか?

 

 最後に...

「今の身体」があるのは、食べものの「力」も大き

く働いていると思うので、心身ともに健康に過ごす

ためには食事の内容や、自分の心とも向き合うこと

が大切だと思いました。

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。