心豊かに過ごせる時間

日常のこと、感じたこと、健康のことなどを書いています。

赤ワイン🍷で健康に✨

 

 

いちごです。(*^^*)

 

 

 

皆さんは、お酒はお好きですか?

私はお酒が好きで、チューハイ、スパークリング、ハイボールなどをよく飲んでいます。夕食時には、ほぼ毎日といっていいほど...

体のことを考えながら、飲み過ぎないように心掛けています...(^-^;      二日酔いは辛いですし、飲むなら体に負担をかけないようにしたいですよね。

1日の楽しみの中で、「お酒」を楽しむ時間も私には必要なことなので、できれば体に良い作用をもたらす飲み方をしたいなぁ。と、そんなふうに思っています。

 

体に良いお酒は?と考えたところ、「ワイン」が浮かんできました。赤ワインの方がポリフェノールが豊富だったような?

「赤ワイン」には、どのような効果があるのか調べてみました。

 

 


f:id:malmaltan:20210508225926j:image

 

ポリフェノールが豊富

赤ワインに含まれるポリフェノールの「レスベラトロール」という成分には、動脈硬化脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があり、その他にも、認知症の予防になる。

飲む量としては、1日に3~4杯までだそうです。

 

血圧を下げてくれる

塩分の過剰摂取により高血圧になるとも言われていますが、赤ワインにはカリウムも豊富に含まれていて、赤ワインを飲むことによって、血圧を下げることが期待できる。

 

糖質が少ない

ワインには糖質が非常に少ないという特徴があり、また便通がよくなり、ダイエットにも効果があるとされています。

 

胃を守る

シラー種の赤ワインは胃がんの一因とされるヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を抑えてくれる。

 

体の血行をよくする

ポリフェノールや、ビタミンなどの有効成分が豊富に含まれているので、体全体の血行をよくして、体を温めてくれる効果があります。

 

眼の健康に

ワインに含まれるアントシアニンは眼精疲労回復、視力を改善する働きがあることで知られています。

 

うつ状態を防ぐ

フランスのナバラ大学の研究で、55~80歳の男女5505人を7年間追跡調査した結果、ワインを週に2~7杯飲んでいた人は、飲まない人に比べ、うつ病の発症率が32%低下していた。

 

適量のワインにはうつ状態を防ぐ働きがあるのですね。

 

 最後に...

なんだか良いことづくめの赤ワインですね(*^^*)

体を温めてくれて代謝がよくなると、体の細胞も生まれ変わってくれそうな...そんな感じがします。

目の健康のためにもワインを毎日飲もうと決めました。目が弱いので...

 

本日、ワインを買ってきました♪

実は、ワインも好きなんです(*⌒∇⌒*)

味は重めのフルボディが好きです。


f:id:malmaltan:20210508224810j:image


f:id:malmaltan:20210508224831j:image

 

適量のワインで、心地いい時間を過ごして、心も体も健康でありたいと思いました。

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。