心豊かに過ごせる時間

日常のこと、感じたこと、健康のことなどを書いています。

NK細胞の働きを改善する!

 

 

いちごです。(*^^*)

 

 

 

仕事で忙しい日が続いたりなど、日々の暮らしの中で気づかないうちに疲れがたまっていくことがあります。疲れがたまると、体調を崩しやすくなります。原因の多くは、ウイルスや細菌などの病原体。このコロナ禍から身を守るためにも、体が備えている「免疫力」を高めていきたいですね。

 

病気の発症を防ぐ免疫機能の中で中心的に働くのがリンパ球で、T細胞B 細胞ナチュラルキラー(NK)細胞で構成されています。

 

順天堂大学特認教授(免疫学)の奥村康さんは、

NK細胞は、大病にかかる前に体の中の悪者を取り締まってくれる、“おまわりさん”のような存在であり、

持ちこたえられず戦争状態になった時に出勤する軍隊がT細胞とB細胞と例えています。

 

病気を未然に防ぐには、NK細胞が大切になってくるようです。

そしてこの細胞は、ウイルスに感染した細胞を撃退し、がん細胞を見つけると増殖前に死滅させます。

NK細胞の働きが良いと、風邪をひきにくく、発ガン率も低いことがわかっています。逆に、働きが悪いと、感染症などの病気にかかりやすくなってしまいます。

 

NK細胞は60歳を過ぎると働きが悪くなるようです。昼間は活性化しますが、夜間には働きが低下し、悲しみやイライラした状態やストレスにさらされ続けることでも悪影響を受けやすいと言われています。

 

奥村さんは、「規則的な睡眠やバランスの良い食事など、生活習慣を改善することで、MK細胞の働きを良くすることは可能だ」と助言しています。

 

NK細胞の働きを高めるポイント

・午後11時から午前2時は熟睡できるように...

・細かなことを気にしない

・食事はバランスよく、腹八分目で...

 

さらに、「ナチュラルキラー(NK)細胞」を活性化される食べ物として注目されているのが、乳酸菌です。


f:id:malmaltan:20210529182025j:image

food tagさんのブログの中でも、免疫力を上げるために、乳酸菌が大切だということが取り上げられていてとても分かりやすく書かれていました。勉強になりました。(*^^*)

 

乳酸菌ってすばらしいですね。こんな研究も出ていました。

 

英国の栄養専門誌に、2010年掲載された研究結果では、健康な高齢者を2グループに分け、ブルガリア菌の一種である「R-1乳酸菌」を使ったヨーグルトを1日90g食べてもらい、もう一方には牛乳を1日100ml飲んでもらった実験の結果、NK細胞の働きがもともと悪かった人たちがヨーグルトを食べると、働きが顕著に改善し、さらに、接種後の問診や血液検査などの結果、ヨーグルトを食べていたグループは、「風邪やインフルエンザにかかるリスク」の数値が、牛乳のグループの4割以下に減少していました。

 

免疫力を高める食品は、乳酸菌以外にも、ビタミンCや、キノコ類に含まれる多糖体の「Bグルガン」などが知られています。これらは、NK細胞だけではなく、他の免疫細胞の働きを活性化させる効果も期待できます。

 

日常生活の中で、いっぱい笑うこと。「笑う門には福来たる」と言われていますね!笑いに免疫力を高める効果があることも明らかになっています。

 

www.satonofrower.tokyo

 

「乳酸菌」と、「笑うこと」で、NK細胞を改善し免疫力アップ!  

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。