心豊かに過ごせる時間

日常のこと、感じたこと、健康のことなどを書いています。

夜に太ももの筋肉を鍛える!

 

 

いちごです。(*^^*)

 

 

 

筋肉トレーニングは、筋肉の強化だけではなくて、に大変良いそうなんです。


f:id:malmaltan:20210720203410j:image

 

米国・ハーバード大学における研究によると、運動の後には、ドーパミンセロトニンといった神経伝達物質の分泌が増えることがわかっているとようです。

 

ドーパミンは、好奇心やる気


f:id:malmaltan:20210720203959j:image

 

セロトニンは、心の安定爽快感に関わっています。


f:id:malmaltan:20210720203838j:image

なので、筋肉トレーニングは、脳・心の両方に良い影響を与えます。

 

筋肉と脳は、密接に連絡を取り合っているようです。

 

筋肉運動をすると、筋肉の中の筋紡錘(きんぼうすい)という部分が発する情報が、脊髄を通って、脳幹、小脳、大脳皮質に届き、その刺激がそれぞれの活動を高めているのだと言われいます。


f:id:malmaltan:20210720204515j:image

その活動量は、筋肉の大きさや太さと関係があるようです。ですので、大きな筋肉を動かした時ほど、脳の活動も高まるとうことになります。

 

その、大きな筋肉とは、いったいどこなのでしょうか?

 

それは、太ももの大腿筋です。


f:id:malmaltan:20210720210459j:image

 

この筋肉を積極的に動かすと、大脳の活動性を効率よく高めることができます。

 

そして、「ホルモンの王様」と言われる成長ホルモンの分泌がもっとも促進されるのは、大腿筋を刺激したときだそうです。

 

成長ホルモンに関すると、筋トレは「夜」がおすすめだそうです。

 

大腿筋を刺激するスクワットなどの運動をすると、筋肉の繊維が破壊されるので、成長ホルモンはその修復に働いて、細胞の新陳代謝を高めたり、脂肪を燃焼したり、疲労回復を促したりしているのだとか...

その分泌が筋トレした後に高まり、睡眠中にはさらにアップするようです。

 

私は、時々、ウォーキングをしていますが、夜はスクワットをしてみようかなぁ...と思っています。

 

大腿筋を意識しながら、スクワットをすると良いそうですよ。

そして、つま先立ちでのスクワットも加えると、ふくらはぎの筋肉や「ハムストリング」とよばれる、太ももの裏側も鍛えられて、一層効果が期待できるそうです。

 

今晩から、スクワット20回やってみようと思います。

長~い間、していないので、とりあえず20回してみます。(^-^;

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。