心豊かに過ごせる時間

日常のこと、感じたこと、健康のことなどを書いています。

「脳の休養」から生まれるものは?

 

 

いちごです。(*^^*)

 

 

本日のタイトル「脳の休養」から生まれるものは?

となっているので、

 

「いったい何が?」と思われると思いますが、

結論から言いますと...

 

「脳の休養」から質の高い人生が生まれると言われています。


f:id:malmaltan:20210814235319j:image

 

「脳の休養」= 睡眠

 

日本、アメリカ、イギリス、それぞれの国の研究チームの調査では、

 

「7時間睡眠がもっとも長生きする」

 

と、明らかにされています。

 

人には個人差があるので、6~8時間が健康的な

睡眠時間と考えてよいそうですよ。

 

脳は、さまざまな心の作用と結びついています。

 

睡眠が足りていないと、脳の疲労が回復できず、

たちどころに心が不安定になります。

また、感情のコントロールが効かなくなる障害も出たり、倦怠感や集中力の欠如などの不調も現れてきます。

 

それを防ぐには、やはり「脳の休養」。

たっぷり睡眠をとって、

感情や気力を良い状態にしておきたいですよね。

 

日中、働きづめの脳に十分な睡眠を与えることで

いくつになっても最高のパフォーマンスを発揮するそうですよ。

 

睡眠をとることで、

疲労回復、ストレス解消、脳のリフレッシュ、免疫力アップなど嬉しい効果があります。

 

睡眠によって、脳の老廃物が洗い流されます。

 

睡眠は、脳のクリーニングタイムですね。


f:id:malmaltan:20210815003420j:image

 

睡眠時間が、どうしても短くなってしまう...という方には、20分~30分の昼寝が脳の休養にとても有効だと言われています。

 

だらだらと寝るのは、禁物です。寝すぎると、無気力などの気分障害を引き起こすそうなので、

昼寝をする時には、時間に注意しながらしないといけないですね。

 

「脳の休養」を十分にとって、心も身体も安定して有意義な日常を過ごしていきたいなぁ。と、そう思いました。


f:id:malmaltan:20210815004427j:image

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。